シロアリ駆除のあれこれ

  • TOP
  • シロアリ駆除のあれこれ-シロアリの姿を見かけない…いなくなったと思ったときに確かめたい場所について

シロアリの姿を見かけない…いなくなったと思ったときに確かめたい場所について

屋内で見かけなくなっても油断は禁物です

家の中で柱や壁を食害していたシロアリが、駆除していないにも関わらず見かけなくなった。あるいは駆除を行って、効果が出たのかシロアリを見なくなった。そんなときもシロアリがいなくなったと安心するにはまだ早いかもしれません。シロアリは本来生態系の中でも下位に存在し、自然界では天敵も多く捕食されやすい生き物です。環境の変化にも弱く、何らかの原因で巣ごと全滅することも珍しくはないと言われています。しかし、単純に見えない位置へと住処を移しただけという可能性も否定できません。シロアリの中には長距離の移動を可能とするものや、駆除薬への耐性を獲得したもの存在するとされています。油断せず、注意深く家の隅々まで観察しておくことが大切です。

外で巣を作って遠征してくることもあります

日本で見かける一般的なシロアリにはヤマトシロアリとイエシロアリの2種がいますが、このうちイエシロアリは食害する木の中ではなく土の中に巣を作ります。イエシロアリは長距離を移動する能力があり、また乾燥した木であっても外部から水を運んで湿らせ、食べることが出来ます。そのため、ヤマトシロアリのように食用に適した特定の箇所だけを集中的に食べるわけではないと言われています。食害されていた木でシロアリを見かけないとしても、単にほかの場所へ遠征して食事場を移しただけという可能性があるのです。またイエシロアリは巣から各餌場へ地中トンネルを繋げて交通網を形成することでも知られ、一カ所で駆除を行ってもシロアリのインフラが無傷の場合根絶が難しいとされています。

家の中でシロアリが潜みやすい場所とは

では、シロアリを見かけない場合にチェックすべき場所とはどこになるのでしょうか。基本的にシロアリは光と乾燥を嫌うため、地面に近く風通しの悪い場所が狙われやすい傾向にあります。床下は特に危険性が高いので、可能であれば床下の柱の部分を確認しておきましょう。フローリングや畳の床材の場合、床自体が食事場になっている可能性もあります。そのほか、確認がしやすい場所としては、押入れやクローゼットの中なども重要なチェックポイントになります。いずれも暗さと密閉性を満たし、特に押入れは段ボール箱などシロアリが好むエサが長期的に置かれていることが珍しくないため、遠征地点として狙われやすいとされています。外に繋がっていて侵入されやすい玄関や、目視で確認のしづらい天井裏なども注意が必要です。意外な場所としては靴箱や本棚、洗面台の引き出しの中が挙げられます。蓋や扉などで光や外気が遮られている場所は出来る限り全てチェックしておくことが大切になります。

シロアリ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめシロアリ110番

シロアリ110番

サイト名 シロアリ110番
URL http://www.truthonprop32.org/
TEL 0120-949-952
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

シロアリ駆除のあれこれ

ページの先頭へ