シロアリ駆除のあれこれ

  • TOP
  • シロアリ駆除のあれこれ-薬剤噴霧ができない家でもシロアリ駆除は可能です!

薬剤噴霧ができない家でもシロアリ駆除は可能です!

薬剤噴霧による駆除のできない場合

シロアリの駆除方法にはいくつか種類がありますが、その中でも特に即効性が期待でき普及している方法の一つが、薬剤噴霧を行う「バリア工法」です。
バリア工法はシロアリが巣食っている箇所の木材や、床下の土壌との隙間に薬剤を噴霧することで、直接シロアリを死に至らしめる方法です。
直接駆除するため手早くシロアリの数を減らす効果が見込めるほか、薬剤の効力は一般的に5年程度継続するため、長期的にシロアリの予防が可能な利点があります。
ただし、殺虫効果のある薬剤を噴霧するためにアレルギーをお持ちの方やペットを飼われているご家庭では運用に注意が必要なことがあります。
付近に井戸や河川があるなどの地理的な条件によっては、汚染を考慮して使用が制限される可能性もあります。
お家の構造によっては被害箇所に直接薬剤を噴霧できない場合もあるため、バリア工法による駆除が出来ないケースというものが存在します。

薬剤入りのエサを仕掛ける駆除方法

薬剤噴霧が出来ないお家では、異なるアプローチ方法でシロアリ駆除を行う必要があります。
直接駆除が不可能な場合、有効なのが「ベイト工法」だと言われています。
ベイト工法は、シロアリのいそうな場所に毒餌を撒く駆除方法です。
シロアリの好む木片などを、ベイト剤と呼ばれる薬剤に浸して、専用の容器に入れてお家の周りに設置しておきます。
ベイト剤には虫の脱皮を阻害する効力があり、毒餌を食べたシロアリは脱皮ができなくなって死ぬことになります。
ベイト工法の利点としては、まず直接殺す毒ではなく脱皮を阻害する薬剤のため、人間やペットに対して影響を与えにくいことが挙げられます。
さらに、ベイト剤を食べたシロアリはすぐには死なずに巣に帰り、シロアリ同士で身体を舐めあうグルーミングと呼ばれる習性により、群れ全体に薬効が蔓延することで、シロアリの巣自体に大きな打撃を与えることが可能です。

被害状況による使い分けが大切です。

ただし、被害状況によってはベイト工法が適さない場合もあります。
例えば、駆除対象となるシロアリの種類によっては、食害する箇所も巣を作る場所も異なる可能性があるためです。
家屋を食害するシロアリのなかで代表的なものは、ヤマトシロアリとイエシロアリとされています。
地中にコロニーを形成し、様々な箇所の木材を食べるために広く遠征を行うイエシロアリに対しては、ベイト剤へ誘導されやすいためにベイト工法の効果が高いとされています。
しかしヤマトシロアリの場合、1ヵ所の木材の内部に巣を作って食害するケースが多いために、ベイト剤には見向きもせずに木材を食べ続ける可能性があります。
またベイト工法は巣に薬剤を蔓延させる都合上、遅効性の薬剤が使われています。
そのため、既に発生してしまったシロアリに対してすぐに駆除したいという場合には適さないとされています。
お家に発生しているシロアリの種類は何なのか。いますぐ駆除したいのか予防をしたいのか。
被害の状況を冷静に把握し、適切な駆除方式を使い分けることが大切です。

シロアリ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめシロアリ110番

シロアリ110番

サイト名 シロアリ110番
URL http://www.truthonprop32.org/
TEL 0120-949-952
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

シロアリ駆除のあれこれ

ページの先頭へ