シロアリ駆除のあれこれ

  • TOP
  • シロアリ駆除のあれこれ-和室で起きるシロアリの被害について

和室で起きるシロアリの被害について

畳はシロアリに食べられている可能性も

シロアリは一般的に木材を食べる害虫として認知されていると思います。畳や書籍など、木材と同じくセルロースを主成分としているものなら、ほとんどのものを食べるとも言われています。しかも、断熱材、発泡スチロール、コンクリートなども食害することで知られています。餌としてではなく、通り道にあるものはなんでも齧ることがあるのです。
シロアリが畳を食べるときは、畳の表面ではなく、裏側や中身を好みます。そのため被害に気付かないことが多いようです。
井草や稲わらは、湿気を含みやすくシロアリにとっては格好の餌となります。畳が被害にあっているということは床や柱などがすでに被害を受けている可能性があります。
畳を干した時に井草が落ちたり、畳の上がぷよぷよしている、畳の裏側に土が付着しているなど、畳に異変が見られた場合、シロアリが畳を食べに来た可能性があります。
シロアリ被害に気付かず放置していると住宅を支える土台や柱などにダメージが加わり、火災や地震が起きた場合に倒壊してしまう可能性があります。新築時には防蟻工事が施されていることがほとんどですが、その効果も5年ほどで薄れていきますので、定期的にシロアリ予防の工事を検討することが望ましいでしょう。
そして、シロアリ被害に気付いた場合、すぐに対策を行うようにしましょう。

畳が被害にあった場合の対策と予防

一度シロアリの被害にあってしまった畳は取り換える必要があるでしょう。ほかの畳や部屋に被害が及んでしまうのを避けなければいけません。簡単な予防対策としてはこまめに畳を掃除することでしょう。
掃除機を使用する場合は、畳の目に沿てかけましょう。雑巾がけをする場合は水にお酢を混ぜると漂白成分が汚れをしっかり落としてくれます。雑巾は固く絞り、吹き終わったら必ず乾燥拭きをして、湿気を取りましょう。
また、半年を目安に畳を干すことで、湿気を除去できますし、シロアリ被害の確認も行えます。
徹底して予防を行うには薬剤を使用した方法がいいでしょう。

畳に被害を与える前に予防施工

シロアリの予防はこまめに掃除するなど、自身でできることもありますが、床下での作業など、自身ではなかなか難しい部分もあります。しかし、うまく行うことでシロアリが畳に被害を与える前に何とかできる場合もあるようです。
ヤマトシロアリやイエシロアリは地中を通って建物内に入ってくることが多いため、建物周辺など、シロアリが通過する可能性が高い土壌を薬剤で処理する方法があります。土壌処理はシロアリの浸入を防ぐための最も効果的な予防と言われています。
シロアリの主食である木材の被害を予防するための木部処理という方法もあります。床下の土台や束柱に小さな穴をあけ、シロアリ用の薬剤を注入しする方法や、被害がはじまっている木材や土台に薬剤を吹き付け、駆除する方法が該当します。これらの駆除方法により、シロアリの被害を抑えることも可能です。

シロアリ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめシロアリ110番

シロアリ110番

サイト名 シロアリ110番
URL http://www.truthonprop32.org/
TEL 0120-949-952
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

シロアリ駆除のあれこれ

ページの先頭へ