シロアリ駆除のあれこれ

  • TOP
  • シロアリ駆除のあれこれ-シロアリの生態

シロアリの生態

シロアリの生態について知らない部分の方が多いだろう。白蟻は森林地帯に生息し、枯れた木材や落ち葉を食物とし、物質循環に大きな役割を果たしている。特に熱帯地方では地中に網の目のようにつくられるトンネルが、水分や通気など土壌条件の改良に非常に重要な働きをしている。ステレオタイプに知っているシロアリの生態のと“枯れ木を食べ、地中に巣をつくる”という事は多くの人が知っているだろう。白蟻は熱帯から温帯まで幅広く分布しており、日本には16種類の生息が確認されている。シロアリの生態として、寒い場所には生殖しにくい動物だ。白蟻は土の中などの巣を作り、数万から数百万の白蟻が巣で生息している。その巣から家屋の土台に行き来し、木の柔らかい部分を食害している。発見されにくいのが、被害を大きくする要因の一つである。被害を早期発見するには、シロアリの生態の理解がポイントだ。白蟻の巣は様々で、地中に大きな巣を作るものもいれば、木の上に作るものもいます。材料は土や粘土にだ液や排泄物をまぜて作り、餌のあるところまでは同じ材料で蟻道と呼ばれるトンネルを作って移動する。シロアリの生態としてここが面白い。蟻道という道を作ることによって、集団の通路となり移動ロスが少なくなる。

シロアリ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめシロアリ110番

シロアリ110番

サイト名 シロアリ110番
URL http://www.truthonprop32.org/
TEL 0120-949-952
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

シロアリ駆除のあれこれ

ページの先頭へ