シロアリ駆除のあれこれ

  • TOP
  • シロアリ駆除のあれこれ-ベイト工法を行なう利点

ベイト工法を行なう利点

シロアリ駆除は適切な方法で

一般の方が害虫駆除を行う場合、眼の前にいる虫に殺虫剤を噴射するか、燻煙剤で部屋中に薬剤を行き渡らせるという方法が多いです。
しかし、シロアリ対策としては、この方法は不向きといえます。シロアリは基本的に人前に姿を見せることはありませんし、木材の表面を残して内部を食い荒らすため、燻煙剤を撒いたところで十分な効果を得ることはできません。駆除が難しい害虫なのです。

シロアリ駆除のためには、適切な場所に、適切な方法で薬剤を使用する必要があります。素人の方にできるシロアリ対策には限界がありますので、なるべくその施工はシロアリ駆除のプロに任せるようにしてください。

バリア工法とベイト工法

シロアリ駆除において代表的な方法が、「バリア工法」と「ベイト工法」と呼ばれる工法です。ここでは、二つの工法について簡単にご紹介いたします。

▼バリア工法
バリア工法とは、液剤タイプの薬剤を使用する工法です。噴霧器で噴射することもあれば、刷毛で直に塗るという方法もあります。
バリア工法は、主に土壌処理と木部処理の二つを行います。土壌処理は、建築物の床下の土壌に薬剤を散布することによって薬剤の層を作り、シロアリの侵入を防ぎます。特に、基礎の内側や束石の周辺、配管周りなど、隙間が発生しやすい場所に対して重点的に行われます。
木部処理は、シロアリ被害に遭いやすい木材に対する処理です。表面に吹き付けたり塗りつけたりするのが大部分ですが、場合によっては木材に穴を開け、そこから薬剤を注入する方法もあります。
よく知られているイエシロアリとヤマトシロアリは地中から侵入するため、このような処理が欠かせません。

▼ベイト工法
ベイト工法では液剤ではなく、ベイト剤と呼ばれる毒餌を用います。施工手順としましては、ステーションと呼ばれる容器ベイト剤を入れて、建築物の周辺に埋設します。埋設の際には、シロアリの通りそうな道を選んで設置することになります。初めの内は餌木を入れることもありますが、その餌木が減っていた場合はベイト剤を投入します。
シロアリがベイト剤を見つけますと、それを巣に持ち帰ることによって、巣の内部で効果を発揮します。その効果は周囲にゆっくり広がっていくため、巣を壊滅させることができるのです。

ベイト工法の利点

ベイト工法は、まだ考案されて間もないシロアリ駆除の方法です。そんなベイト工法には、以下のような利点があります。

▼安全性が高い
ベイト剤に使用される薬剤は、昆虫の脱皮と羽化を阻害する成分が含まれています。そのため、脱皮などをしない哺乳類や鳥類に対してはほとんど害がありません。また、バリア工法のように薬剤を散布しないため、体内に入ること自体が少なく済みます。

▼環境に優しい
薬剤の使用量が少なく、周囲にほとんど流れ出さないため、薬剤を撒くより環境に優しいです。

▼巣ごと駆除が可能
シロアリは巣の中に何万匹も潜んでいいますので、巣を根絶しなければ再び被害に遭ってしまいます。ベイト剤は巣に持ち帰り、そこで効果が広がりますので、特に大規模なコロニーを形成するイエシロアリに対して効果的です。

このように、ベイト工法には多くのメリットがあります。しかし、地中に埋設するという性質上、食害場所と巣の位置が同じになるヤマトシロアリや、空から飛来するアメリカカンザイシロアリに対しては不向きと言えます。また、即効性が弱く、費用も高額になりがちという欠点もあります。
つまりは、シロアリの種類に対して、その都度効果的な駆除の方法を考えなければいけないのです。

シロアリ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめシロアリ110番

シロアリ110番

サイト名 シロアリ110番
URL http://www.truthonprop32.org/
TEL 0120-949-952
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

シロアリ駆除のあれこれ

ページの先頭へ